子供の病気への準備




病児保育への申し込み

子供が小さい場合は、必ず病児保育に申し込みましょう。
仕事を始めてから子供が病気になっても、急に預かってもらうことはできません。

病児保育だけではなく、頼れる自治体サービスには全て申し込みをしておきましょう。
ファミリーサポートや、病児保育対応の小児科など、徹底的に探して申し込みをしておいてください。

病児保育が満員で預かってもらえない時など、ファミリーサポート等に助けてもらう必要があります。

施設への申し込みをしたり、ファミリーサポートの方と面接をしたり多大な手間がかかりますが、仕事に穴を空けるよりはマシと割り切りましょう。
ここでの頑張りがきっと貴方を助けてくれます。


家族とシミュレーションをしておく

子供が大きくて自分でベッドで休んでいられる場合でも、急に子供を置いて仕事に出かけるのではなく、子供としっかり話をしておいてください。
飲み物やお昼ご飯の場所、緊急時誰に連絡を入れればよいかなど、あらかじめ確認しておけばお互い安心です。
仕事の合間に電話をかけてあげて、心配している気持ちもきちんと伝えてあげましょう。

実家を頼ることができる場合は安心ですね。
実家だからといって甘えすぎず、きちんと感謝の気持ちを伝えることを忘れないようにしてください。
熱が○度以上になったら病院に連れて行く等、具体的な打ち合わせもしておくとよいでしょう。

子供が小さい場合は、ご主人に父親の自覚を植え付けることも必要です。
子供の風邪と聞くと、頭のどこかで「妻が休むもの」と漠然と考えている男性は大勢います。

子供への責任は夫婦で重さが変わらないこと、妻も仕事は休めないことをきちんと話しておきましょう。
自分がすべて背負うのではなく、ご主人にも仕事を休んでもらうようにします。
初めはひとごとでも、慣れてくればご主人も、子供の風邪を当然のように自分のことと捉えてくれるようになります。


普段から運動させる

仕事に家事に子育てに、毎日常に慌ただしく忙しく、本当にお疲れ様です。
休日くらいゆっくり休みたいですよね。

しかしここで心に鞭を打ち、外に出ましょう。
公園に行きましょう。

寒い中外に出て遊ぶと、肺が強くなります。
そして強く鍛えられた体に風邪は寄り付きません。

無茶をしない程度に、積極的に外に出るようにしましょう。

風邪を予防する食品、梅干しやヨーグルトを普段から摂取することも心がけたいですね。



Winな女性の転職『ウーマンウィル』人材紹介のマイナビエージェント


PAGE TOP