思いきって家事は外注する




掃除は家事代行を利用しましょう

掃除を外注するということに罪悪感を感じる必要はありません。

綺麗な家を保つことは大事です。
カビや埃は病気の原因となりますし、散らかった部屋は精神を乱します。
しかし、そのために家族との時間が減ってしまうのは、汚い家以上に家庭にとってマイナスとなります。

普段の掃除はすきま時間にささっとやるだけにして、子供やご主人との会話を優先するようにしてください。
そうすると、家にはいつの間にかすきま時間では対処できない汚れが溜まっていきます。

それを定期的な家事代行によってフォローします。

近年台頭してきた家事代行サービスCaSyは、1時間2,190円という手頃な価格で利用することができます。

PR:お財布と心が笑顔になる家事代行サービスCaSy


最新家電に頼る

ロボット掃除機や食洗機をお持ちでない方は、是非購入を検討してください。
もはやこの2点は働く女性には必須のものとなっています。

節約できる時間は、1日15分程度のものでしょう。
しかし、それが毎日のこととなると、年間で90時間もの時間の節約となります。

節約できた時間を家族との対話や休息・自己啓発に使い、せわしない毎日をゆったり充実したものへと変えてください。

PR:AmazonランキングNo.1
ツカモトエイム ロボットクリーナー ¥8,618
パナソニック 食器洗い機 プチ食洗 ¥29,790


中食を積極的に活用しましょう

お母さんの手作りで豪華な食事というのは、子供にとても良い記憶を残します。
ただ、それが毎日である必要はありません。
手の込んだ素敵な料理は、週末に食べさせてあげればそれで十分です。

普段はスーパーのお惣菜など、調理済みの食材(中食)を積極的に利用しましょう。

生協の食材宅配サービスを利用すれば、買い物に行く時間も節約することができます。
骨抜きの魚や中食の種類も豊富なので、有効活用していきましょう。

PR:生協の宅配。関東圏内473万世帯が利用!

優先事項を意識すること

意識していただきたいことは、普段の生活での優先事項です。

家族との時間>仕事≒綺麗な家・豪華な食卓

家庭は全ての活動の基本となります。
決して家庭をないがしろにしないよう、しかし家庭に自分が潰されないよう、バランスをとる術を身につけてください。

就職活動をしている間は、働いているわけでもないし専業主婦でもないというあいまいな立場です。
しかし、罪悪感を持たず、家事の外注を進めていってください。
時間の余裕が精神的余裕を持たせ、それが面接での合格につながっていきます。



Winな女性の転職『ウーマンウィル』人材紹介のマイナビエージェント


PAGE TOP