子持ち女性ならではの視点を期待される




女性向けのサービスに限らない

女性やママさん向けの製品・サービスであれば、もちろん子持ち女性からの視点は重宝されます。
しかし、「子持ち女性の視点」という需要は、もともと女性向けであったサービスだけには留まりません。

女性向けではなかった製品・サービスに、女性が使いたくなるような付加価値をつける。
既存の製品・サービスに新しい使い方を提案、女性からの需要を喚起する。

消費者の半分が女性であるということ、それどころか製品・サービスの購買需要は女性の方が大きいということ。
女性視点の活用、それに伴う女性の採用は急務となっています。


「子持ち女性の新しい視点

生きてきた土台が違う者からの発想というのは重要です。
全く違う発想から生まれたアイデアで、市場にはない製品・サービスを生み出していくことはどの企業も望んでいることです。

その為には独身・既婚、若手・年配、女性・男性、多国籍、様々な人材を採用して、社内でイノベーションを起こしていく必要があります。
イノベーションを望んでいる会社で、そこにまだ子持ち女性が在籍していなかった場合、貴方に対する需要は高まることでしょう。

子持ち女性が既に働いているような会社の方が安心かもしれません。
しかし、貴方自身に需要があるかどうかの側面で考えるのであれば、子持ち女性がいないであろう会社を選ぶ方が採用率は上がることでしょう。


女性ならではの細やかな配慮を求められる場面

自社製品・サービスに留まらず、顧客からの依頼に対して女性ならではの細やかな配慮を求められる場面もとても多くなってきています。
モノを作れば売れる時代ではなくなっている現在、いかに顧客のニーズを引き出しいかに丁寧に対応していくかが、会社が生き残れるかどうかの分かれ道になっています。

問い合わせへの対応や取引相手との会議で、相手が発する細かいニュアンスを汲み取って顧客ニーズに対応していく必要があります。
そこで、女性ならではの細やかさが必要になってくるのです。

子持ちであればさらに、言葉には出していないが本当は求めていること、これに対するアンテナも敏感になっていることでしょう。



Winな女性の転職『ウーマンウィル』人材紹介のマイナビエージェント


PAGE TOP