書類選考漏れは時間節約に




「子持ち」ではじかれる事はまだまだ多い

残念ながら、「子持ち女性」というだけで書類選考ではじいてくる企業はまだまだ多いです。
会社側の立場で見ると、子供の熱で急に休まれては困るので、仕方がない事ではあります。

しかし逆を言えば、そのようなリスクがあってでも雇いたいと思ってくれる企業は、今まで語ってきた子持ち女性の利点をよく把握している企業ということです。


新卒より有利なマッチング

十把一絡げに採用されてしまう新卒では、企業とのマッチングはそこまでうまくいきません。

しかし子持ち女性の採用は、すでに向こうがこちらを採用するリスクを考えた上で、それでもと言って欲しがっているのです。
新卒よりはマッチングが有利なわけです。


履歴書には「子持ち」の記載は必須

書類選考ではじいてくれるなんて、忙しい子持ち女性からしたらありがたい限りだと思いませんか?
見込みがない企業にわざわざ足を運ばなくて良いのですから。

その為にも、履歴書には「子持ち」である旨をしっかり記載することをお勧めします。

「子持ち」である旨を明記せずに履歴書を出す人もいるようですが、それは就活の効率を下げ、良いマッチングを逃すだけの行為なので、やめた方が良いでしょう。


Winな女性の転職『ウーマンウィル』人材紹介のマイナビエージェント


PAGE TOP